REST

Redmine

Redmine 4.1の「204 No Content」をクライアントアプリがエラーと誤認識する

REST APIの応答にデータが含まれない時、 Redmine 4.1では、「200 OK」から「204 No Content」を返すように、HTTPステータスコードが変更されました。その結果、iPhoneのクライアントアプリには、Redmine 4.1のチケットを変更した時の「204 No Content」を、エラーと誤認識するものがあります。
2020.01.26
Redmine

FirefoxのRESTクライアントを使ってRedmineにチケットを追加

REST機能(RedmineAPI)を使って、Redmineにチケットを登録してみました。ExcelやAccessでマクロを組んで大量投入することもできますが、今回は、Firefoxのアドオン「Poster」からRESTする方法を紹介します。
2019.12.17
Excel

[変換/Excel] RESTの応答(XML)に無いフィールドとCSVへのエクスポート

Redmineの公式サイトからRESTで取得したXMLファイルは、ユーザーが画面から入力するフィールドが主で、システム内部で使用するフィールドは含まれていません。 今回は「issues」テーブルに直接データを投入する予定ですので、こう...
2019.12.17
Excel

RESTで取得したXMLファイル(Redmineチケット)からカスタムフィールドを調査

結局、Redmine公式サイトからRESTでカスタムフィールドの設定は取得できませんでした。設定を直接取得できなかったので、逆にチケット(XML)から投入はできるようにしたいと思います。
2019.12.17
Redmine

[抽出/REST] Redmine公式サイトの全チケットをコツコツと取得しました

これまで紹介してきたMicrosoft AccessでMySQL(Redmine)を集計する実例を示したいと思い、公開されている良いデータはないかと色々考えた結果、Redmine公式サイトのチケットを取得して使うことにしました。
2019.12.17
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました