Excel

Excel

[Excel] 協定世界時(UTC)を日本標準時(JST)に変換する計算式

今回は、協定世界時(UTC)を日本標準時(JST)に変換するExcel計算式を紹介します。協定世界時(UTC)は、日付と時刻の表記に関する国際規格(ISO8601)で定められています。
2020.11.25
for MySQL

MySQLのデータベースにPower Query for Excelからアクセスする方法

新しいExcelのアドイン『Microsoft Power Query for Excel』を試してみました。クエリの編集は、まるでExcelのテーブルを操作するような感覚です。実際に、MySQLのデータベースからデータを抽出できましたので、その方法を紹介します。
2020.03.28
Excel

区切り位置機能で文字列形式の日付を日付形式に変更する方法

公式サイトでは、Excelで文字列形式になってしまった日付を日付形式に変更する方法として、DATEVALUE関数の使用が紹介されていますが、「区切り位置」機能を使うと、もっと速く簡単に日付形式にできます。是非お試しください。
2020.03.21
for MySQL

MySQLのデータベースにExcelからリンクする方法

以前、ODBCドライバーを使用して、AccessをMySQL(Redmine)に接続する方法を紹介しました。今回は、そのExcel版を紹介します。
2020.03.07
for Redmine

Redmineチケットを作成日毎にカウントするためのExcelピボットテーブル

以前、Accessの集計クエリを使用して、MySQL(Redmine)のチケット数を作成日別にカウントする方法を紹介しましたが、今回はそのExcel編になります。ピボットテーブルのグループ化を利用すれば簡単にできます。
2020.03.07
for Redmine

[準備後編] Redmine公式サイトに近い設定にしました

前回に続いて、Redmine公式サイトのチケットを投入するため、設定を同じようにする手順を紹介します。実際にログインして調査できないので、強引な部分は「こんな方法もあるのかぁ」程度に、ご覧ください。後編は、プロジェクトの設定からはじめます。
2020.03.07
for Redmine

RESTで取得したXMLファイル(Redmineチケット)からカスタムフィールドを調査

結局、Redmine公式サイトからRESTでカスタムフィールドの設定は取得できませんでした。設定を直接取得できなかったので、逆にチケット(XML)から投入はできるようにしたいと思います。
2020.03.07
for Redmine

[変換/Excel] RESTの応答(XML)に無いフィールドとCSVへのエクスポート

Redmineの公式サイトからRESTで取得したXMLファイルは、ユーザーが画面から入力するフィールドが主で、システム内部で使用するフィールドは含まれていません。 今回は「issues」テーブルに直接データを投入する予定ですので、こう...
2020.03.07
for Redmine

Redmineチケットを一覧画面から直接Excelに取り込む方法

Power Queryを使用すると、Redmineのチケット一覧画面から、直接Excelシートにチケットをインポートできます。RedmineでCSVエクスポートしてからインポートするよりも、手間がかからず便利ですね。エクスポート数の制約も受けません。
2020.03.07
Excel

Web上からPower Query for Excelでデータを取り込む方法

マイクロソフトが提供する「Power Query for Excel」を使えば、Webページの選択した部分を、直接Excelシート上にインポートできます。さすが「Power BI」との連携ツールだけのことはありますね。単にExcelのアドインとしても優れているので、インストールしておいて損はないと思います。
2020.02.29
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました