無料プラン内で JIRA と連携した Confluence を最短で開設

Atlassian JIRA

JIRA Software Cloud を開設した後なら、連携した Confluence を開設するのは簡単です。
JIRA から無料プランの Confluence を開設して連携できます。

JIRAとConfluenceの連携によって、次のようなことが実現できます。

  • Confluenceに作成した議事録からJIRAに課題を作成。
  • Confluenceに仕様を書いてJIRAのステータスで進捗を管理。
  • Confluenceで作成したレポートをJIRAのワークフローで回覧。
  • JIRAの課題をConfluenceで一覧にして報告書を作成。
  • JIRAで報告されたバグのテスト結果やエビデンスをConfluenceで作成。

また、双方にハイパーリンクが作成されるので、クリックするだけで、対象の課題やページを表示できます。

 

Confluenceの無料プランもディスク容量に2GBの制限があるのでご注意ください。それにしてももう少し余裕が欲しいですね。

 

スポンサーリンク

Confluenceのサイト作成

JIRA画面左上にある「切り替え先...」から「Confluence」をクリックします。

 

「Get it free」をクリックします。

 

「Get Started」をクリックします。

 

「招待」をクリックします。

 

サイトの作成が始まります。

 

完了したら「Confluenceに移動」をクリックします。

 

質問が続くので、面倒な場合は「Skip」で飛ばせます。

 

Confluenceのスペース作成

開設時に作成するスペースの名前を入力して「Next」をクリックします。

 

スペースの作成が始まります。

 

スペースで情報を共有するメンバーを招待できます。
後からでも設定できるので「次へ」をクリックします。

 

最初のページが編集モードで開いて、利用できる状態になります。
チュートリアルに使い方の詳細があります。

 

また、左下の「?」からいつでも使い方を確認できます。

 

アプリケーションの切り替え

JIRAとConfluenceは、いつでも双方向に切り替えできます。

Confluence から JIRAへ

Confluence画面左上の「切り替え先」から「JIRA Software」をクリックします。

 

JIRAからConfluenceへ

JIRA画面左上の「切り替え先」から「Confluence」をクリックします。

 

以上、Confluenceのサイト開設も5分程度で完了します。

連携されたことは、JIRA画面右上の歯車アイコンの「製品」をクリックして、製品画面のサイドバーにある「アプリケーションリンク」をクリックすると確認できます。

 

無料プランでJIRAのサイトを開設した時は、是非、Confluenceも試してみてください。
情報共有がスムーズになるだけで、多くのプロジェクトの問題が解消されるのを、実感できると思います。

また、別の記事で、JIRAとConfluenceを連携した使い方についても紹介したいと思います。

最後までご覧いただき、ありがとうございます。
では、また。

 

タイトルとURLをコピーしました