GoogleアカウントをGmail以外のアドレスで作成する方法

Google

Googleアカウントの作成には、必ずしもGmailは必要ありません。
現在使用中のGmail以外のメールアドレスでも、Googleアカウントを作成してサービスを利用できます。

現在使用中のメールアドレスに、Googleのサービスを追加するイメージです。
メールアドレスを増やさずに済むので、管理を煩雑にすることもありません。

この記事で紹介するのは、Gmail自体を使用しない方法です。
GmailでGmail以外のアドレスを使用する方法ではありません。

 

スポンサーリンク

使用可能なメールアドレス

Googleアカウントの作成時に確認メールが送信されてきます。
受信メールの内容が確認できるメールアドレスが必要です。

独自ドメインのメールアドレスでも構いません。
Xserverの場合「サーバー管理 > メールアカウント設定」から追加できます。

 

Googleアカウントの作成

アカウント作成用URL

まず、Googleアカウントの作成用URLにアクセスします。

 

入力画面の切り替え

最初は、Gmailによる作成画面が表示されます。
「代わりに現在のメールアドレスを使用」をクリックして切り替えます。

 

メールアドレスの入力

使用可能なGmail以外のアドレスを入力します。
残りのフィールドにも入力して「次へ」をクリックします。

 

確認コードの入力

先のメールアドレスに確認コードが記載されたメールが送信されます。
そのコードを入力して「確認」をクリックします。

 

アカウント情報の入力

生年月日などの各フィールドを入力して「次へ」をクリックします。

プライバシー ポリシーと利用規約では「同意する」をクリックします。
次のような画面が表示されれば、Googleアカウント作成は完了です。

 

注意事項

当然ですが、Gmailは作成していないでGmailのサービスは利用できません。

Gmailのサービスを選択すると、次のような画面でGmailの追加を促されます。
ここで切り替えてしまっては元も子もないので注意してください。

 

おわりに

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

Googleのサービスを利用するのに必要なGoogleアカウントですが、今や気に入ったGmailのアドレスを作成することは至難の業です。

不用意にメールアドレスを増やしたくない場合、ぜひ参考にしてください。

タイトルとURLをコピーしました