AWS RDSのMariaDBにColaboratoryから接続する方法

AWS

ローカルランタイム環境に接続したGoogle Colaboratory(Colab)から、Amazon RDSに接続してみました。

スクリプトのある場所がWebブラウザ上というだけで、ローカルPCに保存されている場合と同じ環境で実行されます。

したがって、ポイントをまとめると次の2点です。

  • ColabからのWebSocket 接続が信頼されていること。
  • ローカルPCからAmazon RDSに接続できること。

これらについては次の記事で紹介しています。

Google Colaboratoryのローカルランタイム環境構築と接続方法
興味本位でGoogle Colaboratory(Colab)を触ったところ、「Jupyter Notebook」が面白かったので、PCにColabのランタイム環境を構築してみることにしました。公式のガイドに沿って作業しました。…続きを読む >
パブリックアクセスを許可するAWS RDSの設定 (2020年版)
インスタンスへのパブリックアクセスを許可するAmazon RDSの設定を紹介します。 パブリックアクセス(PCなどAWS以外からのアクセス)を許可するには、パブリックアクセシビリティと、セキュリティグループの変更が必要です。 ま…続きを読む >

 

スポンサーリンク

実行するスクリプトの内容

Amazon RDSのインスタンスにアクセスして、データベースの一覧を取得します。

mysql_connector_python3.py

import mysql.connector

# コネクションを作成します。
connection = mysql.connector.connect(
host='mariadb-instance.c32bbeq5jep2.ap-northeast-1.rds.amazonaws.com',
    port='3306',
    user='admin',
    password='managers'
)

# showコマンドを実行します。
cursor=connection.cursor()
cursor.execute("show databases")

# 結果をすべて出力します。
rows=cursor.fetchall()
for row in rows:
    print(row)

# コネクションを閉じます。
connection.close()

 

スクリプトの実行

ローカルランタイムに接続したWEBブラウザ上で、左横のアイコンをクリックします。

 

ローカルPCの実行環境でスクリプトが実行されて、その下に結果が表示されます。

 

最後までご覧いただきありがとうございます。
では、また。

 

タイトルとURLをコピーしました