自前のメールサーバー不要!Redmineからのメール送信にGMailのサービスを利用する方法

自前のメールサーバーは必要ありません。GMailのサービスを使って、Redmineからメールを送信できます。GMailのサービスを利用するには、2段階認証プロセスを有効にして、アプリパスワードを発行します。

なお、2段階認証プロセスでは、GMailのメールアドレス以外にスマートフォンが必要です。

この記事は、過去記事を改訂したものです。2016年10月8日現在の2段階認証プロセス設定手順にもとづいてます。

スポンサーリンク

2段階認証プロセスの有効化

Redmineで使用するGMailアカウントでログインして、画面右上のユーザーアイコンから[アカウント]をクリックします。

ログインとセキュリティの[Googleへのログイン]をクリックします。

[2段階認証プロセス]をクリックします。

[開始]ボタンをクリックします。パスワードの再入力を求められるので入力します。

コードを受信するスマートフォンの電話番号を入力します。日本の国番号「+81」に続いて入力します。「090~」で始まる場合、先頭のゼロは入力不要です。

コードの取得方法を選択して[試す]をクリックすると、スマートフォンにメッセージで確認コードが送信されます。

受信したメッセージに記載されている確認コードを、パソコンに表示されている「コードの入力」に入力して[次へ]をクリックします。

確認メッセージが表示されます。
[オンにする]をクリックすると、2段階認証プロセスが有効になります。

今使用している端末を「信頼できる端末」に登録して2段階認証を回避するには、2段階認証プロセスの画面で、「このパソコンでは次回から表示しない」にチェックを入れてログインします。

アプリパスワードの発行

次にRedmine用のアプリパスワードを発行します。

ログインとセキュリティの画面で[アプリパスワード]をクリックします。

[Windowsパソコン]の[その他(名前を入力)]を選択します。

名前(Redmineなど)を入力して[生成]をクリックします。

アプリ パスワードが生成されます。このパスワードはこの後の設定で使用します。

configuration.ymlの変更

(インストールディレクトリ)\apps\redmine\htdocs\configにある「configuration.yml」をテキストエディターで開きます。

「default:」の「email_deliverry:」を、次の内容に置き換えて保存します。

Redmineの管理者ツールから[Restart All]を実行します。

テストメールの送信

Redmineに管理者アカウントでログインして、管理 > 設定 > メール通知を表示します。
設定内容を確認・保存後、右下にある[テストメールを送信]をクリックすると、ログイン中のアカウントにテストメールが送信されます。

次のようなメールが受信できれば、確認終了です。
お疲れさまでした。

最後までご覧いただきありがとうございます。
スポンサーリンク

フォローする