[Win] タスクバーの日付に曜日を追加するカスタマイズ

アプリ活用

タスクバーの日付に曜日を追加するカスタマイズを紹介します。

タスクバーの日付の形式には「日付(短い形式)」が適用されています。
この形式は、PCの設定からカスタマイズできます。

「日付(短い形式)」は、タスクバーの日付だけでなく、エクスプローラーの作成日や更新日でも使用しています。変更はエクスプローラーの作成日や更新日にも反映されます。

 

スポンサーリンク

形式のカスタマイズ

タスクバーのスタートからPCの「設定」をクリックして、表示されたメニューから「時刻と言語」をクリックします。

 

サイドバーから「地域」を選択して、関連設定の「日付、時刻、地域の追加設定」をクリックします。

 

地域の「日付、自国、数値形式の変更」をクリックします。

 

「追加の設定」をクリックします。

 

「日付」タブを表示します。
データ形式の「短い形式」に、カスタマイズした形式を入力します。

 

カスタマイズ例

「月曜日、火曜日、水曜日、…」の表示には「dddd」を使用します。

例:yyyy/MM/dd dddd

タスクバー

エクスプローラー

 

「月、火、水、…」の表示には「ddd」を使用します。
曜日にカッコを使う場合は「’」(シングルクォーテーション)で囲みます。

例:yyyy/MM/dd '('ddd')'

タスクバー

エクスプローラー

 

おわりに

「リセット」ボタンをクリックすると、Windows標準の形式にいつでも戻すことができるので、安心して試すことができます。

 

Windowsマシンを使用していて卓上カレンダーなどで曜日をよく確認される方、少しの手間で快適な環境が手に入るので、ぜひお試しください。

最後までご覧いただきありがとうございます。
では、また。

 

タイトルとURLをコピーしました