Redmineデータベースのチケット周辺をER図にしました

チケットの取得

Redmineのデータベースについて、チケットに関係する部分だけをER図にしました。
ワークフローやWikiなどのテーブルは思い切って割愛しています。

作図には「A5:SQL Mk-2」を使用しました。

スポンサーリンク

チケットに関係する部分のER図

ER図を次に示します。プロジェクト情報を格納する「projects」、ユーザーの「users」、チケットの「isses」に薄黄色の背景色をつけました。

 

標準フィールドを含むチケットの基本データは「issues」に格納されます。
カスタムフィールドの設定自体は「custom_fields」に、全チケットの全カスタムフィールドの値は「custom_values」に格納されます。

チケットのプロジェクトやカテゴリ、バージョン、ステータスなどは「issues」のフィールドに識別子(ID)で格納され、それぞれのマスターに相当するテーブルが別にあります。

識別子(ID)のフィールドと、そのマスターの一覧は次の通りです。

テーブル名フィールド名マスター(テーブル)
issuestracker_idtrackers
project_idprojects
category_idissue_categories
status_idissue_statuses
assigned_to_idusers
priority_idenumerations
fixed_version_idversions
author_idusers
parent_id(issues)
root_id(issues)
custom_valuescustomized_id(issues)
custom_field_idcustom_fields

 

最後までご覧いただきありがとうございます。
では、また。

 

タイトルとURLをコピーしました