MySQL Connector/ODBC 8.0 インストール手順

MySQL / MariaDB

ODBC(Open DataBase Connectivity)は、リレーショナルデータベースにアクセスするための共通インタフェースです。

Oracleから提供されている「MySQL Connector/ODBC」を利用すれば、ExcelやAccessからも、MySQLにアクセスできます。

データベースのフロントエンドに使い慣れたExcelやAccessを利用できるので、作業の効率アップが期待できます。

たとえば、Accessにデータベースへのリンクテーブルを作成して、クエリで処理した結果をExcelシート上にグラフ化することもできます。

 

スポンサーリンク

利用にあたっての制約

ODBCの利用にあたっては、次のような制約があります。

一台のPCに、バージョン違いなど複数のODBCはインストールできません。
また作成したオブジェクトは、作成時のバージョン以外では動作しません。

すでにODBCがインストールされているPCに、別バージョンをインストールしようとしても、インストーラーが強制終了してしまいます。

また、Accessのリンクテーブルは、別バージョンのODBCでは機能しません。
※同バージョンであれば、別PCでも問題なく機能します。

 

再頒布可能パッケージが必要

Connector/ODBCのインストールには、Visual Studio を使用してビルドされるC++アプリケーションを実行するための再頒布可能パッケージ(ランタイムコンポーネント)が必要です。

先にインストールしておきましょう。
Microsoftダウンロードセンターから入手できます(無料)。

バージョンによるパッケージの違い

Connector/ODBC 8.0.18と8.0.23で、必要なパッケージが異なります。

8.0.18 の場合、Visual Studio 2015

 

8.0.23 の場合、Visual Studio 2019

その他のツールとフレームワークから「Visual Studio 2019 の Microsoft Visual C++ 再頒布可能パッケージ」をダウンロード。

 

アーキテクチャの選択方法

インストーラーには、x64(64ビット版)とx86(32ビット版)があります。

 

アーキテクチャは、ODBCを使用するアプリケーションと同じものを選択します。

たとえば、ExcelやAccessでODBCを使用する場合は、Windowsが64ビット版でも、インストールされているMS-Officeが32ビット版の場合は、x86(32ビット版)の方をインストールします。

MS-Officeのアーキテクチャの調べ方は、次の記事を参考にしてください。

 

Connector/ODBCのインストール

ドライバーのダウンロード

MySQL :: MySQLコネクタにアクセスして、ODBC Driver for MySQL (Connector/ODBC)右横の[ダウンロード]をクリックします。

 

ドライバーには、32ビット版と64ビット版があります。
Visual C++の時と同様に、インストールされているMS-Officeのアーキテクチャと同じものをダウンロードします。

 

ログインやサインアップの必要はありません。
「No thanks,just start my download.」をクリックします。

 

ドライバーのインストール

ダウンロードしたファイルをダブルクリックしてインストーラーを起動します。セットアップウイザードが起動したらNext >をクリックします。

 

「I accept ~」を選択してNext >をクリックします。

 

インストールの構成を選択して[Next]ボタンをクリックします。

 

Installをクリックするとインストールが開始します。

 

Finishをクリックしてセットアップ・ウイザードを終了してください。

 

以上でインストールは完了です。お疲れさまでした。

次の記事では、実際にMySQLのデータベースにODBC経由でAccessからリンクする方法などを解説しています。参考にしていただければ嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました