XAMPP for Windowsのインストール及び初期設定方法

アプリレビュー

XAMPP(ザンプ)は、WEBアプリケーションの実行に必要な環境を、フリーソフトウェアで構成したパッケージです。

名前の由来はウィキペディアで見つけました。

XAMPPは以下の文字から構成されている。

X - Windows、Linux、macOS、Solarisのクロスプラットフォーム
A - ApacheのA
M - MariaDB(旧バージョンはMySQL)のM
P - PHPのP
P - PerlのP

元々は対応OSはLinuxのみであり、その頭文字Lを付けLAMPP(ランプ)としていましたが、後に複数のOSに対応したためLをXに変えXAMPP(ザンプ)としたそうです。

今回、Pythonの学習のためにインストールしてみました。

 

スポンサーリンク

インストーラーの入手

インストーラーはapachefriends.orgから提供されています。

XAMPP Installers and Downloads for Apache Friends
XAMPP is an easy to install Apache distribution containing MariaDB, PHP and Perl.

 

「XAMPP for Windows」をクリックすると、Windows版のダウンロードが開始されます。

 

インストール手順

ダウンロードしたEXEファイルをダブルクリックして実行します。

ウイルス対策ソフトに関するメッセージが表示されるので[Yes]をクリックします。

 

UACに関する注意が表示されるので[OK]をクリックします。

 

次のダイアログが表示されるので[Next >]をクリックします。
Redmineのスタックでも有名なBitnami(ビットナミ)製なんですね。

 

インストールされるソフトウェアの一覧が表示されます。
そのまま[Next >]をクリックします。

 

インストール先のフォルダを入力します。
デフォルトのまま[Next >]をクリックします。

 

コントロールパネルでの言語を選択します。
英語とドイツ語しかないので、英語のまま[Next >]をクリックします。

 

Bitnamiのサイトを見る必要が無ければ、チェックを外して[Next >]をクリックします。

 

インストールの準備が整いました。
[Next >]をクリックすると、インストールを開始します。

 

途中次のような画面が表示されたら、プライベートネットワークにチェックを入れたまま、[アクセスを許可する]をクリックします。

 

インストールが完了しました。
起動確認のため、チェックを入れたまま[Finish]をクリックします。

 

次のようなXAMPPのコントロールパネルが表示されます。
管理者として実行していないため、パネルからサービスの登録ができません。
また、[Quit]で終了しようとするとアプリケーションエラーが発生します。
※一旦、右上の[X]をクリックして終了します。

 

管理者としてコントロールパネルを起動

ショートカットを管理者として実行して、コントロールパネルを起動できるようにします。

ショートカットの右クリックから、その他 > 管理者として実行 でもいいのですが、毎回では面倒なので、ショートカット自体に設定します。

手順は次の通りです。

  1. スタートメニューの「XAMPP Control Panel」を右クリック
  2. その他 > ファイルの場所を開く の順に選択
  3. 開いた場所のショートカットのプロパティを表示
  4. [ショートカット]タブの[詳細設定]をクリック
  5. [管理者として実行]にチェックを入れて[OK]をクリック


 

スタートメニューから「XAMPP Control Panel」をクリックして起動してみます。
SERVICEの欄に「×」が表示されるようになりました。

 

Windowsサービスへの登録

Windowsのサービスに登録するには、コントロールパネルで登録したいソフトウェアのSERVICE欄の[×]をクリックします。

確認メッセージが表示されるので[Yes]をクリックします。

 

サービスの自動起動は設定していないので、Actionsの[Start]をクリックしてサービスを起動します。停止する場合は[Stop]をクリックします。

下のスクリーンショットは、ApacheとMariaDBをWindowsサービスに登録して、起動した状態のものです。

 

スタートアップの種類を確認

コンピュータの管理からサービスを表示して、今登録したサービスのスタートアップの種類を確認しておきます。

PCの起動時に自動でサービスを開始したい場合は「自動」に設定します。
サービスのプロパティから変更できます。
※確認したところ始めから「自動」になっていました。

 

システム環境変数Pathに追加

任意のディレクトリからMariaDBコマンドを実行できるように、システム環境変数Pathに、mysql.exeまでのパスを追加しておきます。

 

コマンドプロンプトを起動して「mysql --version」と入力してみます。
コマンドが認識されてバージョンが表示されればOKです。

 

MariaDB rootアカウントのパスワード設定

因みに、MariaDBのrootアカウントには初期パスワードが設定されていません。
コマンドプロンプト、またはコントロールパネルからShellを起動します。

起動したら「mysqladmin -u root password」と入力してください。
次に設定したいパスワードを入力します。
確認のためもう一度入力します。

mysqladmin -u root password Enter
New password: ******* Enter
Confirm new password: ******* Enter
 

最後までご覧いただきありがとうございます。
では、また。