Bitnami Redmine StackのMySQL初期設定について

Bitnami Redmine Stackをインストールすると、データベースのMySQLもあわせてインストールされます。MySQLの設定は次のようになっています。

データベース名 bitnami_redmine
ポート番号 3306
管理者アカウント root
パスワード インストールの時に設定したRedmine管理者と同じパスワード

また、このMySQLには、Redmineからのアクセス用に「bitnami」というアカウントが作成されます。パスワードは「(インストールディレクトリ)\apps\redmine\htdocs\config」の「database.yml」にあります。

ここから下の操作は、Redmine自体の管理下にある操作ではありません。
テーブルやデータを更新(追加、変更及び削除)すると、テーブル間の整合性が失われ、最悪の場合、Redmineが正常に動作しなくなる危険性を伴うので、ご注意ください。

スポンサーリンク

コマンドプロンプトからMySQLにログイン

実際にコマンドプロンプトからMySQLにログインできるか確認してみましょう。

コマンドプロンプトは、アクセサリにあるものではなく、スタートメニュー[Bitnami Rdmine Stack]の[Bitnami Rdmine Stackを使用する」を使用しましょう。

環境変数の設定が不要なので便利です。

コマンドプロンプトが表示されるので、MySQLへのログインコマンドを入力します。

mysql -u root -p

するとパスワードを聞かれるので、記事の先頭で説明したパスワードを入力します。

ログインできると、次のような画面になります。

アカウント「bitnami」の権限確認

最初に、RedmineがMySQLにアクセスする時に使用するアカウント「bitnami」について調べてみます。

次のコマンドで、ユーザーとホストの一覧を表示します。

select user, host from mysql.user;

アカウント「bitnami」は、ローカルホストからのアクセスのみ許可されていることが分かります。どのような権限が付与されているか確認するには、showコマンドを使います。

show grants for ‘bitnami’@’localhost’;

Redmineのデータベースにアクセス

データベース「bitnami_redmine」にアクセスして、テーブルの一覧を確認してみましょう。

まず、データベースの一覧を表示するコマンドを入力します。

show databases;

bitnami_redmineがあります。操作するデータベースを指定するコマンドを入力します。

use bitnami_redmine;

データベースの切り替えができました。

データベース内にあるテーブルを一覧表示するコマンドを入力します。

show tables;

データベース”bitnami_redmine”に用意されている55個のテーブルがアルファベット順に表示されています。確認が終わって、MySQLからログアウトするには次のコマンドを入力します。
お疲れさまでした。

quit

まとめ

このように、Redmineがチケットやプロジェクトのデータを保存するためのデータベースも、コマンドラインなどから利用することができます。

さらに、MySQL Connector/ODBCを利用すれば、ExcelやAccessからも利用できるので、データ分析や、グラフによる可視化など色々と幅が広がります。

Redmineのデータベースの構造や、ExcelやAccessからの具体的な利用方法については、また別の記事で解説していきたいと思います。