「A5:SQL Mk-2」をMySQL(RDS)に接続、ユーザーを管理する方法

computer-1185637_1280

ぼくのブログで、よくお世話になっているフリーのSQL開発ツール「A5:SQL Mk-2」。

「Amazon RDSのMySQL」にも、簡単に接続できました。

先日の記事では、Windowsサーバー(EC2)のコマンドプロンプトから、MySQL(RDS)のユーザーを追加しましたが、「A5:SQL Mk-2」を使用すれば、同様のことがGUIから簡単にできてしまいます。

スポンサーリンク

Amazon RDS側の設定

パブリックアクセス可能か確認

先ずは「RDSが外部からアクセスできる設定か?」を確認します。

AWS管理コンソールのRDSのダッシュボードで、接続したいインスタンスの「パブリックアクセス可能」が「はい」であれば、外部からアクセスできます。設定は、[インスタンスの操作]から変更できます。

エンドポイントとユーザーを確認

接続で使用する「エンドポイント」と「ユーザー」を確認しておきます。

3306番ポートを開放

インスタンスで使用している「セキュリティグループ」の「インバウンド」を表示します。

「MYSQL/Auroraが、送信元(今回は「A5:SQL Mk-2」のPC)に開放されているか?」を確認します。そもそも「MYSQL/Aurora」が無ければ、3306番ポート自体が開放されていないので、[編集]から追加します。

 A5:SQL Mk-2からMySQL(RDS)に接続

データベースを追加

では、実際に「A5:SQL Mk-2」からアクセスしてみましょう!

メニューから、[データベース] > [データベースの追加と削除]をクリックすると、次のような画面が表示されます。ここでは[追加]をクリックします。

img_580c310a930f3

[MySQL/MariaDB(直接接続)]をクリックします。

次の通り、ホスト名、ユーザーID/パスワードを入力します。ちゃんと接続できるか、[テスト接続]をクリックしておきましょう。テスト接続が成功したら[OK]をクリックします。

ホスト名 インスタンスのエンドポイント
ユーザーID インスタンスのユーザー名
パスワード 上記ユーザー名のパスワード

A5:SQL Mk-2上での名前を入力して[OK]をクリックします。

登録されたことを確認したら、[閉じる]をクリックします。

A5:SQL Mk-2によるユーザー管理

MySQL(RDS)への接続

サイドバーから、追加したデータベース(RDS)のMySQLをダブルクリックします。

MySQL(RDS)のユーザーのIDとパスワードを入力します。パスワードは保存しておくこともできます。また、更新する必要がなければ、読み取り専用にチェックを入れて、ログインしましょう。

MySQL(RDS)にログインできました。

管理者ツールを表示

サイドバーから「管理者ツール」をダブルクリックして、「ユーザー」タブを表示します。

ここから、新たにユーザーを追加したり、権限の変更や削除ができます。

まとめ

「A5:SQL Mk-2」を使用すると、「EC2のWindowsサーバー」のコマンドプロントから操作するよりも簡単に、「RDSのMySQL」のユーザーを管理できます。

他にも色々機能があるので、是非、お試しください。