Bitnami Redmine Stack for Windows 4.1 インストール方法

Redmineの始め方

Bitnami Redmine Stack for Windowsのインストール方法を紹介します。

記事で使用しているインストーラーのバージョンは「4.1.1-6」になります。
※ 「4.1.1」がRedmineのバージョンです。

 

Bitnami公式のRedmineのページ

 

スポンサーリンク

インストールの準備

スタックの構成確認

Bitnami公式のRedmineページから確認できます。
「Redmine」をクリックすると表示されます。

 

スタックされているアプリケーションの構成は次の通りでした。

3. COMPONENTS

Bitnami Redmine Stack ships with the following software versions:

- Redmine 4.1.1
- Apache 2.4.46
- ImageMagick 6.9.8
- MySQL 5.7.32
- Subversion 1.14.0
- Git 2.29.2
- Ruby 2.5.8
- Rails 5.0.7.2
- RubyGems 2.7.9

 

インストーラーの入手

先のBitnami公式のRedmineページから入手できます。

「On my computer」の「Win / Mac / Linux」をクリック、画面に表示される「Download for Windows 64-bit」をクリックします。

 

「No thanks, just take me to the download」をクリックするとダウンロードが開始します。

 

しばらくしても始まらなければ「click here」をクリックしてください。

 

ウイルス対策への例外設定

ウイルス対策ソフトが原因でインストール時にエラーが発生しないよう、予めインストール先のフォルダを作成して、ウイルス対策ソフトの例外設定に追加します。

次の記事では、ウイルスバスターを例に具体的な方法を紹介しています。

 

因みにインストールフォルダへのパスは、この先いろいろな場面で使用します。
フォルダ名は、数字や記号を使用しない「C:\bitnami\redmine」などシンプルなものがトラブルになり難いのでお勧めです。

 

80番ポートの確認

Bitnami Redmine StackのApacheが、80番ポート(Webサーバー標準)を使用できるか確認します。困った話ですが、IISが勝手に起動して使用している場合があります。

コマンドプロンプトから、次のコマンドで確認できます。

> netstat -ano | findstr :80

>

 

何も表示されなければ、使用中のアプリケーションはありません。インストールすると、自動的にApacheが80番ポートを使用する構成になります。

使用中のアプリケーションがある場合の対応は、次のどちらかになります。

  • 使用中のアプリケーションを停止して80番ポートを空ける
  • 8080番など別ポートを使用する(URLにポート番号が必要)
    (例) http://192.168.11.1:8080/redmine/

80番ポートを空けてよい場合
使用中のアプリケーションを停止してからインストーラーを起動します。
Apacheが80番ポートを使用する構成になります。

別ポートを使用したい場合
80番ポートが使用された状態でインストーラーを起動します。
インストールの途中で、ポート番号の変更画面が表示されます。

 

インストーラーの実行

ダウンロードしたインストーラーを実行します。

bitnami-redmine-4.1.1-6-windows-x64-installer.exe

 

最初にインストーラーで使用する言語を選びます。
リストから [Japanese - 日本語] を選択して [OK] をクリックします。

 

ウイルス対策ソフトに関するメッセージが表示されます。
フォルダを例外設定に追加済みでしたら[はい] をクリックします。

 

[次へ >] をクリックします。

 

[次へ >] をクリックします。

 

ウイルス対策ソフトの例外設定に追加済みのフォルダを入力します。

 

Redmineの管理者情報を入力します。
ここで入力したパスワードが、MySQLのrootユーザーのパスワードにも設定されます。

 

[日本語] が選択されていることを確認して [次へ >] をクリックします。

 

Redmineから通知メールを送信する際のSMTPを設定します。
GMailを利用して送信することもできます。
後からでも設定した方が良いので、ここでは[次へ >]をクリックします。

 

Bitnamiのクラウドホスティングについて紹介があります。
興味があれば、チェックを入れたまま [次へ >] をクリックします。

 

[次へ >] をクリックするとインストールが開始されます。

 

数分かかるのでそのまま待ちます。

 

途中、次のようなメッセージが表示される場合があります。
[アクセスを許可する]をクリックしてください。

 

次の画面が表示されると、インストール終了です。
[Redmine アプリケーション起動]にチェックを入れたまま[終了]をクリックして、確認に進みましょう。

 

インストール後の確認

[Redmine アプリケーション起動]にチェックを入れてインストーラーを終了するか、
http://127.0.0.1/ にWEBブラウザでアクセスすると画面が表示されます。
[Access Redmine]をクリックしましょう。

 

Redmineの画面が表示されます。
右上の[ログイン]をクリックすると、ログイン画面が表示されます。

 

インストール時に入力した管理者アカウントのログイン名とパスワードでログインします。

 

ホーム画面が表示されれば、無事ログインできています。

 

インストールは以上です。
おつかれ様でした。

 

おわりに

最後までご覧いただきありがとうございます。

Bitnami Redmine for Windowsは、オールインワンパッケージのインストーラーなので、インストール自体はとても簡単です。

ですが、インストールされるサーバー側の環境によっては、思わぬ事態になる可能性があります。より確実にインストールするため、次の点に配慮しましょう。

  • インストール先フォルダをウイルス対策ソフトの例外設定に追加しておく
  • Apacheが使用する80番ポートの空き状況を確認しておく

では、また。

 

タイトルとURLをコピーしました