[Redmine] 添付ファイルの格納先を別ドライブに変更

Redmineの始め方

Redmineの設定ファイルには、添付ファイルの格納先を指定できる箇所があります。

仮に、Redmineを「C:¥bitnami¥redmine」にインストールした場合、
既定の格納先は、

(C:¥bitnami¥redmine)\apps\redmine\htdocs\files

ですが、

 D:\redmine\files

に変更してみました。

Bitnami Redmine for Windows 4.1 を例に紹介します。

 

ファイル共有の機能からアップロードしたファイルも、添付ファイルと同じフォルダに格納されます。

 

スポンサーリンク

変更手順

サービスの停止

Manager ToolからRedmineのサービス一式を停止します。

 

設定ファイルの変更

設定ファイルの場所

C:\bitnami\redmine\apps\redmine\htdocs\config

設定ファイル名

configuration.yml

変更内容

attachments_storage_path:に「D:/redmine/files」を追加します。

# Absolute path to the directory where attachments are stored.
# The default is the 'files' directory in your Redmine instance.
# Your Redmine instance needs to have write permission on this
# directory.
# Examples:
# attachments_storage_path: /var/redmine/files
# attachments_storage_path: D:/redmine/files
attachments_storage_path: D:/redmine/files

 

既存ファイルの引越し

「(C:¥bitnami¥redmine)\apps\redmine\htdocs」にある「files」フォルダをコピーして、「D:¥redmine」フォルダ内にペーストします。

コピー元の削除は、しばらく運用の様子を見てからにします。

 

サービスの再起動

Manager ToolからRedmineのサービス一式を再起動します。

 

動作確認

変更前後の添付ファイルが、問題なく表示やダウンロードできるか、確認します。

チケットにファイルを添付します。

 

さきほどのフォルダに、添付したファイルがあることを確認します。ファイルは、「files」フォルダ下の「年」フォルダ(西暦)内の「月」フォルダに格納されます。

D:¥redmine\files
┗ 2021
┗ 01

 

 

変更前に添付されていたファイルも、ダウンロードできるか確認しておきましょう。

 

補足:ファイル添付の仕様

ファイル添付の仕様について、少しだけ補足します。

● 添付されたファイル

通常、圧縮も暗号化もされず、そのままフォルダに格納されます。

添付ファイルを削除

格納先のフォルダからファイルが削除されます。
ゴミ箱にも残りません。

添付ファイルを選択

選択した時点で、ファイルはサーバーにアップロードされてしまいます。
添付をキャンセルしても、そのファイルはフォルダ内に残り続けます。

 

最後までご覧いただきありがとうございます。
では、また。