[MySQL] ダンプ出力する実行ファイル例

MySQL / MariaDB

「MySQLのデータベースをダンプ出力する」作業を、実行ファイル(バッチとも言います)にしてみました。実行ファイルの使用方法では、実際に、Redmineのデータベースをダンプ出力しています。

スポンサーリンク

実行ファイルの仕様

MySQLへのPATHを追加

最初に、どのディレクトリからでもコマンドが実行できるよう、環境変数のPATHの先頭に、MySQLへのパスを追加します。SET文で追加したパスは、バッチを実行しているあいだだけ有効です。

rem PATHの先頭にMySQLへのパスを追加します。
set PATH=C:¥bitnami¥redmine¥mysql¥bin;%PATH%
%PATH%現在の変数PATHを表します。

 

合わせて、カレントドライブ及びカレントディレクトリを、ダンプを出力するフォルダに切り替えます。

rem カレントドライブ及びディレクトリを切り替えます。
cd /d d:¥Users¥owner¥A1Style

 

MySQLのダンプ出力

次のコマンドでダンプ出力します。実行時にパスワードの入力を求められます。

rem データベースをダンプ出力します。
rem 実行時にパスワードの入力を求められます。
mysqldump --single-transaction -u root -p bitnami_redmine > redminedb.sql
mysqldumpデータベースをダンプ出力します。
--single-transaction 内部的にスナップショットを取って、整合性のとれた状態をダンプします。
-u rootユーザー名。
bitnami_redmineデータベース名。
> redminedb.sql出力ファイル名。

 

以下が実行ファイルの全文です。

redmine_mysqldump.bat
@echo off
rem DOS窓への出力をオフにします。

rem PATHの先頭にMySQLへのパスを追加します。
set PATH=C:¥bitnami¥redmine¥mysql¥bin;%PATH%

rem カレントドライブ及びディレクトリを切り替えます。
cd /d d:¥Users¥owner¥A1Style

rem データベースをダンプ出力します。
rem 実行時にパスワードの入力を求められます。
mysqldump --single-transaction -u root -p bitnami_redmine > redminedb.sql

echo.
echo 何かキーを押すと終了します。
echo.
pause > nul

 

実行ファイルの使用方法

ファイルの起動

「redmine_mysqldump.bat」をダブルクリックまたはEnterで起動します。

 

ダンプ出力の実行

パスワードを入力して、ダンプ出力を実行します。

 

終了するとメッセージが表示されます。
何かキーを押すとウインドウが閉じます。

 

出力結果の確認

フォルダにダンプファイルが作成されています。