Web上からPower Query for Excelでデータを取り込む方法

Excel

マイクロソフトが提供するExcelのアドイン「Power Query for Excel」を使えば、Webページにあるデータを、直接、Excelシート上にインポートできます。

実は、Excel自体にも似た機能が標準でありますが、こちらはちょっと出来栄えに難があってお勧めできません。

「Power Query for Excel」の概要とダウンロードについては、以前の記事で紹介していますので、よければ合わせてご覧ください。

先日公開されたばかり「Microsoft Power Query for Excel」を入手
MicrosoftからExcelの新しいアドイン『Microsoft Power Query for Excel』が無料で公開されました。『Microsoft Power BI』との連携を意図したツールですが、ETLツールとしても便利そうです。主な機能とダウンロードサイトを紹介します。

インストールは、ウィザードに従ってクリックするだけなので簡単です。

 

スポンサーリンク

インポートするWebページ

今回は、インポートするWebページに、Redmine公式サイトを使用させていただきます。

Redmine
Redmine

 

Power Query for Excelを起動

Excelを起動して、[POWER QUERY]メニューを表示します。
メニューの中に[Webから]がありますので、クリックしてください。

 

WebページのURLを入力して、[OK]ボタンをクリックします。

 

インポートするテーブルを選択

指定したWebページの解析が済むと、次のような取り込むテーブル(表)を選択する画面が表示されます。

今回は「カテゴリ」のテーブルを指定して、取り込んでみようと思いますので、左のサイドバーから[カテゴリ]を選択して[読み込む]ボタンをクリックします。

 

因みに、Excel本体のWebデータ取り込みは、この解析機能が弱いらしく、同じURLを指定すると、次のようになっていしまいます。

肝心のテーブルがひとくくりになっていて、しっかりと区別できていませんね。。。

 

インポートした結果

少し待っていると、テーブルをインポートしたシートが表示されます。

インポートしたデータは、自動的にExcelの「テーブル」として登録され、この後、ピボットテーブルやグラフなどの元データに使用できます。

 

せっかくなので、Excelで簡単なグラフにしてみました。上位7つのカテゴリで全チケットの半数以上を占めていることがわかりますね。

 

タイトルとURLをコピーしました