JIRAとConfluenceの無料ストレージを有効に使うための上限サイズ設定方法

Atlassian JIRA

JIRAとConfluenceの無料プランには各々2GBの無料ストレージがあります。

はっきり言って少ないです(涙)
せっかく永久無料でも、不用意に運用を始めると、あっという間に破綻しそうです。

そこで、ストレージの使用量の確認方法と、添付ファイルの上限サイズを変更する方法を紹介します。

 

スポンサーリンク

ストレージ使用量の確認方法

JIRA及びConfluenceのストレージの使用量は、管理画面から確認できます。

  1. 画面左上の切り替え先から「管理」をクリック。
  2. サイドバーから「Storage」をクリック。

JIRAとConfluenceのストレージ使用量は、いつでもここから確認できます。
JIRAに1プロジェクト、Confluenceに1スペース作成した状態のスクリーンショットです。

 

JIRA 上限サイズの変更

システム画面の「添付ファイル」から変更できます。

  1. 画面右上の歯車アイコンから「システム」をクリック。
  2. サイドバーの高度な設定の下にある「添付ファイル」をクリック。

サイズを見ると、規定値の1024MB(1GB)が設定されています。
同サイズを2個添付されたら、一撃で使用率100%になってしまいますね。

笑いごとではないので、右上の「設定を編集」をクリックします。

 

私の場合は、JIRAではブログの課題を管理する予定です。
添付ファイルは主にスクリーンショットになると思います。

1MBで足りそうなので、1048576バイト(1MB)を入力して「更新」をクリックします。
ログファイルなど超える場合は、一時的に設定値を上げて対応することにします。

 

Confluence 上限サイズの変更

設定画面の「一般設定」から変更できます。

画面右上の歯車アイコンをクリックして、開いた一般設定画面の下の方に「添付ファイル設定」があります。

最大サイズを見ると、規定値の100MBが設定されています。

Confluenceでインストーラー添付のガイドを作成する場合など500MBくらい欲しいところですが、2GBではすぐに枯渇してしまいます。

設定を変更するため「編集」をクリックします。

 

仕方ないので、5242880バイト(5MB)を入力して「保存」をクリックします。
こちらも、超える場合は、都度、設定値を上げて対応することにします。

 

最後までご覧いただきありがとうございます。
では、また。