いますぐ始められる JIRA Software Cloud 無料プランのサイト開設

Atlassian JIRA

クレジットカード不要!
必要なものはメールアドレスだけです。

5分あれば、自分だけの課題管理ツールが手に入ります。
無料のIPhoneやスマートフォンのアプリも用意されていて、外出先からも利用できます。

法人向けのような高度な機能は制限されていますが、10名まで利用できるので、コワーキングやホームオフィスなどでの利用にも向いています。

ディスク容量が2GBと少ない点は心配ですが、ファイル添付の可否や上限サイズも設定できるので、外部リンクなども上手く活用すれば何とか凌げそうです。

 

スポンサーリンク

JIRA Software Cloud

まずは、Atlassianの公式ホームページにアクセスします。

Jira の価格 - 1 ユーザーあたりの月間および年間サブスクリプション料金 | Atlassian
アジャイルチームの利用実績 No.1 ソフトウェア開発ツールです。今すぐ無料体験できます。Cloud または Server 版が用意されており、あらゆる規模のチームでご利用いただけます。…続きを読む >

 

クラウドのFreeプランにある「開始する」をクリックします。

 

「Googleで続行」または「メールでサインアップする」をクリックします。

「Googleアカウントで続行」がお勧めです。
関連付けたアカウントでGoogle Chromeにログインしてサイトを開くと、自動でログインされるので、すぐにダッシュボードが表示されるようにできます。

 

 

サインアップ

サインアップに使用するGoogleアカウントをクリックします。
選択したアカウントで、JIRAの管理者アカウントが作成されます。

 

「アカウントを作成」をクリックします。

 

画面上の「View this page in 日本語?」から、日本語表示に切り替えます。

 

サイト名を入力して「同意する」をクリックします。
※昔のアカウント情報が残っていたようです。。。

 

質問がしばらく続きますが、「質問をスキップ」でスキップしても問題ありません。

チームメンバーの招待

後から招待できるので、そのまま[続行]をクリックします。

 

テンプレートの選択

サイト開設時に作成されるプロジェクトのテンプレートを選択します。

質問に答えると自動で選んでくれるようですが、自分で選ぶ方が確実なのでスキップします。

 

一覧からテンプレートを選択します。
たくさんあって迷いますが、最初は「タスクのトラッキング」「カンバン」あたりが比較的シンプルなのでお勧めです。
※ 適用後は別のテンプレートに変更はできませんが、カスタマイズはできます。
※ 選択したテンプレートは、開設時に作成されるプロジェクトのみの適用です。

クラシックテンプレート ビジネス

 

クラシックテンプレート ソフトウェア

 

次世代テンプレート

 

プロジェクトの作成

作成するプロジェクトの名前とキーを入力して「作成」をクリックします。
キーは課題キー (例: BLG-100) の接頭辞として使用されます。
システムが表示したものを消して、自分で決めたものに変更することをお勧めします。

 

開設サイトの表示

ログインした状態で、開設したサイトが表示されます。
課題を作成して、すぐに利用を開始できます。

 

世界的に普及している「JIRA」のクラウドを、無料で利用できる紹介でした。
高機能すぎて敬遠されがちですが、工夫されていて敷居が低くなっていると感じました。
おすすめの設定や使い方のアイデアなど、またすぐに記事にしたいと思います。

 

最後までご覧いただきありがとうございます。
では、また。