Thunderbirdのインストールと、プロファイルのおすすめ作成方法

小休閑話

2020年最初の投稿は、Thunderbirdのインストールと、プロファイルのおすすめ作成方法です。

プロファイルには、ユーザーごとの設定だけでなくダウンロードしたメッセージも保存されます。
インストール後にThunderbirdを起動すると、Cドライブに自動生成されてしまいますが、CドライブにSSDを使用しているケースなど、プロファイルを別ドライブにしたい方も多いと思います。

アプリ本体の初回起動前に、プロファイルマネージャを起動すれば、別ドライブにプロファイルを手動で作成して、既定のプロファイルに指定できます。

 

スポンサーリンク

Thunderbirdのインストール

公式サイトから、インストーラーをダウンロードします。

Thunderbird — Make Email Easier.
メッセージの高速全文検索、タブ表示、アーカイブ。設定も簡単で、カスタマイズ自由自在。そんなメールソフトが Thunderbird です。

 

ダウンロードしたインストーラーを実行して、インストールを開始します。
ダイアログが表示されたら、[次へ]をクリックします。

 

[標準インストール]が選択されていることを確認して、[次へ]をクリックします。

 

[インストール]をクリックします。

 

インストール後は、Thunderbirdを起動せずに一旦終了します。
[今すぐ Mozila Thunderbird を起動]のチェックを外して、[完了]をクリックします。

 

新しいプロファイルの作成

Windows10タスクバーの検索ボックスに、次のコマンドを入力して、プロファイルマネージャーを起動します。

thunderbird.exe -p

起動したら、[新しいプロファイルを作成]をクリックします。

 

内容を確認して、[次へ]をクリックします。

 

[フォルダーを選択]をクリックします。
既定ではCドライブになっています。

 

[新しいフォルダー]から保存先のフォルダを作成します。
作成したフォルダを選択して、[フォルダの選択]をクリックします。

 

プロファイルの名前を入力して、[完了]をクリックします。
Thunderbirdを一人で使用する場合は、Default Userのままで構いません。

 

作成したプロファイルが選択されていることを確認して、[今後このプロファイルを使用する]にチェックを入れます。
引き続き、メールアカウントを追加する場合は、[Thunderbirdを起動]をクリックします。
一旦終了する場合は、[終了]をクリックします。

 

タイトルとURLをコピーしました