Googleアカウントへの不要になったアクセス許可を取り消す方法

Google

GoogleやAppleなどのアカウントで、利用できるアプリやサイトが増えてきました。あれこれアカウントを増やさずに済むので、とても助かりますね。

↓こんな感じ。

でも、

削除したアプリや、退会したサイトの「アクセス許可」が残ったまま

になってることが意外と多いのです。

また、

アカウント情報の何へのアクセスを許可したか

ふと気になったことはありませんか?

今回は、Googleアカウントで、

許可した内容を確認したり、許可を削除する方法を紹介します。

 

スポンサーリンク

アカウント管理の表示

まずは、確認したいGoogleアカウントにログインします。

画面右上にある をクリック、またはアバターアイコンをクリックします。
※Chromeにログインしている場合、Chromeのアバターアイコンからも表示できます。

の場合
[アカウント]をクリック。

アイコンの場合
[Googleアカウントを管理]をクリック。

 

許可したサイトとアプリの表示

ホームが表示されたら、[セキュリティ]をクリックします。

 

 

スクロールすると[Googleでログイン]があるのでクリックします。
※[サードパーティによるアクセスを管理]をクリックしても表示できます。

アクセスを許可しているサイトやアプリが表示されます。

 

内容の確認及び削除

内容を確認したいサイトまたはアプリをクリックします。

 

許可されている内容が表示されます。

通常は、

アカウントの基本情報
メール アドレスの表示
ユーザーの個人情報の表示(ユーザーが一般公開しているすべての個人情報を含む)

程度になっていると思います。

削除したい場合は[アクセス権を削除]をクリックします。
確認メッセージが表示されるので、[OK]をクリックします。

 

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

ちょっとした空き時間でできる作業です。いらない設定を削除するとスッキリしますよ!安全のため一度確認されてはどうでしょうか?

では、また。