Client

for MySQL

MariaDBに接続するプログラムをPythonで作成

Pythonの勉強のために、MariaDBに接続するプログラムを作成してみました。rootユーザーでMariaDBのデータベースにコネクションを作成後、その状態をプリントして終了します。MariaDBは、BitnamiのXAMPPでインストールしたものです。接続のためのモジュールには、MySQL Connector/Pythonを使用しました。
for MySQL

MySQL Connector/ODBC 8.0のインストール方法

MySQLのConnector/ODBCを利用すれば、ExcelやAccessからMySQLのデータベースに接続できます。 データベースのフロントエンドにExcelやAccessを利用できるので、ETLにかかる作業の効率が格段に上がります。
2020.12.01
for MySQL

MySQL Connector/ODBC 5.3のインストール方法

MySQL Connector/ODBC(Open DataBase Connectivity)を利用してMySQLに接続すると、AccessやExcelからでもRedmineやJIRAのデータを活用できるようになります。
2020.03.28
スポンサーリンク
for MySQL

MySQLのデータベースにPower Query for Excelからアクセスする方法

新しいExcelのアドイン『Microsoft Power Query for Excel』を試してみました。クエリの編集は、まるでExcelのテーブルを操作するような感覚です。実際に、MySQLのデータベースからデータを抽出できましたので、その方法を紹介します。
2020.03.28
for AWS

AWS EC2上のWindowsサーバーにiPhoneから接続する方法

マイクロソフト提供のアプリを使用すれば、AWS EC2上のWindowsサーバーに、スマートフォンからリモートデスクトップで接続できます。接続後は、スマートフォンに表示されているサーバーのデスクトップ画面から、設定変更や再起動など、パソコン同様の操作ができます。
2020.03.15
for AWS

Amazon RDSをA5:SQL Mk-2から管理する方法

わたしが仕事でお世話になっているフリーソフトの「A5:SQL Mk-2」。 Amazon RDS上のMySQLにも、簡単な設定で直接接続できます。 わずか数クリックで、アカウント設定の確認などもできて、とても便利です。
2020.03.07
for Redmine

Redmine 4.1の「204 No Content」をクライアントアプリがエラーと誤認識する

REST APIの応答にデータが含まれない時、 Redmine 4.1では、「200 OK」から「204 No Content」を返すように、HTTPステータスコードが変更されました。その結果、iPhoneのクライアントアプリには、Redmine 4.1のチケットを変更した時の「204 No Content」を、エラーと誤認識するものがあります。
2020.03.07
for MySQL

MySQLのデータベースにAccessからリンクする方法

MySQLのデータベースに、AccessからODBC経由でリンクする方法を紹介します。リンクテーブルを作成すれば、Accessの豊富な機能を利用したデータ処理が可能になります。
2020.03.07
for MySQL

MySQLのデータベースにExcelからリンクする方法

以前、ODBCドライバーを使用して、AccessをMySQL(Redmine)に接続する方法を紹介しました。今回は、そのExcel版を紹介します。
2020.03.07
for Redmine

Redmineチケットを作成日毎にカウントするためのAccess集計クエリ

Redmineチケットを作成日毎にカウントするAccessの集計クエリを紹介します。Redmineデータベースには、チケットを格納した「issues」テーブルがあります。このテーブルのリンクテーブルをAccessに作成して、集計クエリで使用します。
2020.03.07
for Redmine

Redmineチケットを完了日毎にカウントするAccess集計クエリ

Redmineチケットを完了日毎にカウントするAccessの集計クエリを紹介します。Redmineデータベースには、チケットを格納した「issues」テーブルがあります。このテーブルのリンクテーブルをAccessに作成して、集計クエリで使用します。
2020.03.07
for Redmine

Redmineチケットを作成日毎にカウントするためのExcelピボットテーブル

以前、Accessの集計クエリを使用して、MySQL(Redmine)のチケット数を作成日別にカウントする方法を紹介しましたが、今回はそのExcel編になります。ピボットテーブルのグループ化を利用すれば簡単にできます。
2020.03.07
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました