Windows10ではIISの無効化が必要、 Bitnami Redmine 3.2のインストール方法

Redmine

Bitnami Redmine Stackでは、WWWサービスにApacheがインストールされます。
そのため、Windows10にインストールする場合は、既定で有効になっているIISを無効にして、80番ポートを空けるか、別のポート番号を設定する必要があります。

この記事は、IISが有効な状態でBitnami Redmineのインストールを開始するところから、紹介しています。途中、インストーラーが80番ポートの競合を検出後に、IISを無効化しています。

この記事で使用しているインストーラーのバージョンは、3.2.0-0です。
バージョン3.4.1-0では、空いているポート番号を探して提案するよう改良されています。

なお、2020年1月時点のWindows10では、IISの無効化に際して再起動を要求されました。事前にIISを無効化しておくことをお勧めします。

 

スポンサーリンク

インストーラーの起動

Bitnamiのサイトからインストーラーをダウンロードしたら、ダブルクリックで起動します。
実行確認のメッセージが表示され場合は[実行]をクリックしてください。

最初に、インストーラーで表示する言語を選択します。
「Japanese – 日本語」をプルダウンメニューから選択して[OK]ボタンをクリックします。

 

ウィルスチェックソフトが実行中の場合は警告(言語選択してもここは英文)が表示されます。
[はい]ボタンをクリックします。

 

セットアップウイザードが起動しますので[次へ]をクリックします。

 

インストールするコンポーネントを選択

すべてにチェックが入っている状態で[次へ]をクリックします。

 

インストール先のフォルダを選択

インストール先のフォルダを選択して[次へ]をクリックします。

下の画面では「C:\Bitnami\redmine」にインストールするよう入力しました。
指定したフォルダが無ければ、自動的に作成されます。

 

管理者アカウントの入力

Redmineの管理者のアカウント情報を入力して[次へ]ボタンをクリックします。

ここで入力する情報(ログイン名を含む)は後でも変更できます。ログイン名は英小文字で入力してください。また、パスワードは、Redmineと一緒にインストールされるMySQLの管理者アカウント(idroot)でも使用されるのでご注意ください。

 

IISのWWWサービスを無効化

Apacheで使用するポート番号を入力します。既定は80番ポートです。
そのまま[次へ]ボタンをクリックしてみます。

 

警告が表示されました。
IISがWWWサービスで使用しているため、Apacheが80番ポートを使用できません。

 

IISのWWWサービスを無効にして、Apacheが80番ポートを使用できるようにします。
上で右クリックして[アプリと機能]をクリックします。

 

 

表示された画面右上の[プログラムと機能]をクリックします。

「Windowsの機能の有効化または無効化」をクリックします。

 

ダイアログのインターネット インフォメーション サービスの[World Wide Web サービス]のチェックを外して、[OK]をクリックします。
変更はすぐに適用されます。PCの再起動などは必要ありません。

 

Webサーバーのポート番号

もう一度、規定値の「80」のまま、[次へ]をクリックします。

 

データベースの言語を選択

Redmineが使用するデータベース(MySQL)の言語設定です。プルダウンメニューから「日本語」を選択して[次へ]ボタンをクリックします。

 

通知メールのSMTPサーバーを選択

Redmineが送信する通知メールのプロバイダーを選択します。インストール後に設定することができますので、ここでは、チェックを入れずにそのまま[次へ]をクリックします。

 

RedmineからgoogleのSMTPサーバーを利用するには、GMailの2段階認証プロセスを有効にする必要があります。詳細についてはこちらの記事をご覧ください。

Redmineの通知メールをGoogleのSMTPサーバーから発信する方法
Redmineから通知メールを送信するのに、自前のサーバーは必要ありません。GoogleのSMTPサーバーの使用方法を紹介します。

 

Bitnami Cloud Hosting について

広告が表示されます。興味がなければ、チェックを解除して[次へ]をクリックします。

 

インストールの開始

インストールの準備ができたメッセージが表示されます。

インストールを開始してよければ、[次へ]ボタンをクリックします。

 

インストールが開始されます。だいたい5分程度で終わります。途中で、ファイアーウォールの警告が出た場合はアクセスを許可してください。

 

Redmineの表示

インストールが終了すると、次のような画面になります。

「Redmine アプリケーション起動」にチェックを入れて[終了]ボタンをクリックします。

 

WEBブラウザにRedmineが表示されます。早速、「Access Redmine」をクリックしてRedmineにアクセスしてみましょう。

 

下のような画面が表示されればインストール成功です。お疲れさまでした。

 

 

インストールの終了にあわせて、次のような管理者ツールも起動します。スタートメニューからいつでも起動できますので、右上の「×」ボタンで終了しても大丈夫です。

 

0

タイトルとURLをコピーしました