WordPressのURLから/wpを消す方法

エックスサーバーにインストールしたWordPressのURLを、「http://a1-style.net/wp」から/wpを消して「http://a1-style.net/」でも表示されるようにしたので、手順をまとめておきます。

訪問者が「http://a1-style.net/wp」にアクセスすると、「/a1-style.net/public_html/wp」にある「index.php」がWordpressの環境とテンプレートをロードするので、ブログが表示されます。

したがって、この「index.php」を、ルートディレクトリである「public_html」にも配置すれば、「http://a1-style.net/」(/wp無し)でもブログが表示されるようになります。

なお、この変更で下書き中の記事をプレビューすると「404 Not Found」になる現象が発生しました。パーマリンクの設定がおかしくなることが原因のようですが、ぼくはログインし直すことで解決できました。

スポンサーリンク

サイトアドレス(URL)の設定を変更

まず最初に、Wordpressのサイトアドレス(URL)の設定を変更しておきます。Wordpressの管理コンソールから、サイドバーの 設定 > 一般 をクリックします。
screenshot0001

サイトアドレス(URL)に/wp無しのURLを入力して[変更を保存]ボタンをクリックします。
screenshot0002

/wpから「index.php」をダウンロード

エックスサーバーのインフォパネルから、ファイルマネージャー(WebFTP)にログインします。

screenshot0003

「/public_html/wp」移動して「index.php」をダウンロードします。フォルダ名をクリックすると移動、ファイル名をクリックするとダウンロードできます。screenshot0004

「index.php」を編集

「index.php」のアップロード先がルートディレクトリ「public_html」になるので、「wp-blog-header.php」の前にパス「/wp」を追記しておきます。

具体的には17行目を次のように変更します。保存時に、エディタによって改行コードが変更されないよう注意してください。

ルートディレクトリにアップロード

ルートディレクトリ「public_html」に移動して、編集した「index.php」ファイルを指定してアップロードします。アップロード後は、権限(パーミッション)が「644」になっていることも確認しておきましょう。

元の場所「public_html/wp」にアップロード(上書き)しないようご注意ください。

screenshot0005

ルートディレクトリのindex.htmlを削除

ルートディレクトリに「index.html」があると、せっかく「index.php」を配置しても、そちらが表示されてしまうので、「index.html」と「default_page.png」は、削除するか、先頭に「_」(アンダーバー)などを付けてファイル名を変更しておきます。
screenshot0006

これで設定は終わりです。

/wp無しのURLでブログが表示されるようになりました。念のため、パーマリンクがおかしくなっていないか、下書きがプレビュー表示できるか、確認しておきましょう。
screenshot0007

最後までご覧いただきありがとうございます。
スポンサーリンク

フォローする