「WordPressのエディタを快適にしてくれる」インストール中のプラグイン一覧

ぼくがこのブログをはじめて一ヶ月ほど過ぎました。その間に、WordPressのエディタを快適にするためにインストールしているプラグインを紹介します。おかげさまで、だいぶ快適に記事を書けるようになりました。すべてフリー(無料)です。

プラグインのインストール
WordPress管理画面の[プラグイン] > [新規追加]から検索して、[今すぐインストール]ボタンをクリックするのが一番簡単ですね。インストール後は有効化しましょう。

スポンサーリンク

ネットからアイキャッチに使う画像を探す

Flickr – Pick a Picture

最初にこちらを入れました。ですが、WordPressが4.4にバージョンアップした頃から、検索した画像を使おうとするとエラーが出るようになってしまい、今は機能を停止しています。

Pixabay Images

今使用しているのはこちらです。直接、アイキャッチに指定できる機能が便利です。
もちろん記事に挿入することもできます。検索で好みの画像が見つかると、ちょっとテンション上がりますね(^^)

アップロードする画像ファイルを圧縮する

EWWW Image Optimizer

有効化するだけで圧縮してくれる優れものです。
画像のファイルサイズは、 サーバーの容量以外に記事の表示時間に影響するので、読者に優しいブログのためにもお勧めです。

クリップボードの画像を記事に挿入する

OnePress Image Elevator

[Ctrl+C]などでクリップボードにコピーした画像を、[Ctrl+V]で記事に挿入できます。
インストール方法や設定の記事では、何枚ものスクリーンショットを挿入する必要がありますが、やっぱりコピペによる挿入は最強です。
有料版ではさらに、画像のファイルの圧縮や大きさの変更もできます。

テーブル(表)を記事に挿入する

TinyMCE Advanced

有効化するとエディタのメニューが拡張されます。これだけでも入れる価値があります。
プルダウンメニューから任意の行×列サイズのテーブル(表)を挿入できるようになります。

ソースコードを記事に挿入する

Crayon Syntax Highlighter

ソースコードを解析して見やすく表示してくれます。
クリップボードへのコピーボタンも表示されたり、ユーザービリティが格段に向上します。

目次を記事に挿入する

Table of Contents Plus

編集中には見えませんが、記事を表示すると自動的に目次(メニュー)が表示されます。
表示する条件や見え方を細かく設定できます。

アフィリエイトを挿入する

App Store Insert

App Storeからアプリを検索してアフィリエイトを挿入するプラグインです。