Bitnami Redmine Stack 3.2.2 はRuby、MySQLがバージョンアップしていました

Build

先日、Redmine 3.2.2がリリースされましたが、Bitnami でも「Bitnami Redmine Stack 3.2.2」が公開されていました。Windows版で、気になるRubyのバージョンなどを確認しましたので紹介します。

Bitnami Redmine Stack 3.2.0 の構成が残念
Twitter眺めてると、少し前にRedmine 3.2.0がリリースされたとのこと。ちょっと気になったので、真夜中ですが Bitnami Redmine Stack 3.2.0 ダウンロードしてみました。因みにWindows版です。

スポンサーリンク

構成ソフトウェアのバージョン比較

Redmine自体は、3.2.1も3.2.2もmaintenance releaseとのことですが、Bitnami Redmine Stackの構成は、3.2.0と3.2.2では色々と変更されていました。3.2.1時点ですでに変更されていたかは不明ですが。。。

3.2.0の場合 3.2.1の場合
Redmine 3.2.0  3.2.2
Apache 2.4.17  2.4.20
ImageMagick 6.7.5  6.9.2-0-Q8
MySQL 5.5.45  5.6.30
Subversion 1.8.13  1.8.13
Git 2.6.1  2.7.4
Ruby 2.0.0-p647  2.1.8-i386-mingw32
Rails 4.2.4  4.2.5.1
rubyGems 1.8.12  1.8.12

Rubyについて

まずRubyですが、「2.1.x」に変更されています。

これで、以前紹介した「Ruby2.0.0の保守終了」という大きな懸念の一つが解消しました。

ただこれまで同様32ビットです。以前、ぼくは、ユーザー数が増加してレスポンスが悪化した際、自力で64ビット版に移行することを検討したことがありますが、ハードルが高すぎて断念しました。

今はRedmineのThinの追加して対応しています。「Thinの追加方法」については、記事でも紹介していますので、ご参考にしていただければと思います。

Windows版RedmineのレスポンスはThinを追加して改善
Bitmani Redmine Stackをインストールすると、RedmineのThinが2つ生成されます。今回は、このThinの数を増やして、ユーザー数増加に対応する方法を紹介します。

MySQLについて

次にMySQLですが、こちらは「5.6.x」に変更されています。

MySQLは、5.5から5.6でInnoDB(RedmineもInnoDBです)の性能が大幅に向上しているので朗報ですね(^^)

ただ、インストール後にMySQLに接続してStatusコマンドで調べると、やはりというべきか32ビット版でした。(インストーラーが一つしかないので、当然といえば当然ですね。)

Bitnami Redmine Stackは、MySQLの64ビット版でも動作します。

サーバーのOSが64ビット(ほとんどの場合そうだと思いますが)であれば、一旦、このバージョンをインストールして、MySQLのみ64ビット版に移行する手もアリだと思います。