[Microsoft Query] ExcelをMySQL(Redmine)に接続する方法

以前、ODBCドライバーを使用して、Microsoft Access(以下 Access)をMySQL(Redmine)に接続する方法を紹介しました。今回は、そのMicrosoft Excel(以下 Excel)版を紹介します。

AccessをMySQL(Redmine)に接続する方法
ODBCドライバーを使用して、Microsoft Access(以下 Access)をMySQL(Redmine)に接続する方法を紹介します。Accessに、MySQL(Redmine)の各テーブルをデータごと取り込んだり、リンクテーブルを作成してクエリーで集計することができるようになります。

ブックを開くたびに最新データを取得したり、ある時点のスナップショットとして保存もできます。Excelですから、ピボット集計やグラフ化も自在ですね。ただ、Accessからはデータ更新もできますが、Excelブックからはできません。

今回のポイントは『Microsoft Query』です。滅多に使わない機能だと思いますが、Accessととても良く似ているので、意外と簡単です。

自席のPCなどDBサーバーとは別のPCから接続する場合は、あらかじめ、MySQLで外部からの接続を許可しておいてください。

スポンサーリンク

Microsoft Queryの起動

Excelの[データ]メニューをクリックして、[その他のデータソース]から[Microsoft Query]を選択します。

新規データソースの作成

Microsoft Queryが起動します。[クエリウィザードを使ってクエリを作成/編集する]をオフにします。[新規データソース]を選択後、[OK]ボタンをクリックしてください。

新規データソース名を入力後、ODBCドライバーを選択して[接続]ボタンをクリックします。

ODBCドライバーが起動するので、サーバー名やMySQLのアカウント情報を入力して[Test]ボタンをクリックします。

Bitnami Redmine Stackをインストールした場合のMySQL管理者のID及びそのパスワードについていは次の記事を参考にしてください。

Bitnami Redmine StackのMySQL初期設定について
Bitnami Redmine Stackをインストールすると、データベースのMySQLもあわせてインストールされます。MySQLの初期設定は次のようになっています。

上手く接続できると、次のようなメッセージが表示されます。
[OK]ボタンをクリックして閉じます。

テスト接続によって、Databaseのプルダウンメニューに接続できるデータベースが一覧表示されます。[bitnami_redmine]を選択して[Details]ボタンをクリックしてください。

[Metadata]タブをクリックして[Don’t use INFORMATION_SCHEMA for metadata]にチェックを入れた後に[OK]ボタンをクリックしてください。

3.の[接続]ボタンをクリックすると、もう一度ODBCドライバーの画面が表示されるので、[OK]ボタンをクリックします。

上手く接続できると、4.にテーブルの一覧が表示されます。今回はチケットの一覧を取得してます。[issues]を選択して[OK]ボタンをクリックします。

次に、パスワードの保存にチェックを入れると警告が表示されます。[はい]ボタンをクリックします。

データソースの選択

作成したばかりのデータソースが表示されています。選択して[OK]ボタンをクリックします。

クエリの作成

『Micorosoft Query』のクエリ編集画面が表示されます。なんだか、Accessの簡易版のような画面ですね。使い方も似ています。表示されている[issues_0]の*(アスタリスク)をドラッグして、下の枠にドロップします。

すると、下の枠に「issues」のデータが一覧表示されます。これは、「今作成しているクエリだとこのようなデータが抽出されますよ」と言うことを示しています。

更にテーブルを追加して抽出条件などを設定できますが、今回は、単純にこのまま全件Excelに抽出してみます。左から4つ目の[データを返す]ボタンをクリックします。

データのインポート

どのようにデータをインポートするか聞かれるので、今回は次の設定でインポートします。内容を確認して[OK]ボタンをクリックします。

次のように、MySQL(Redmine)の「issues」テーブルのデータがインポートできました。

ブックを開くたびに最新データを取得

このExcelブックを開くたびに、最新の「issues」テーブルのデータを取得するように設定してみましょう。[データ]メニューから[接続]をクリックします。

接続の一覧が表示されます。さきほどのインポートの接続を選択して、[プロパティ]ボタンをクリックします。

接続のプロパティが表示されます。[ファイルを開くときにデータを更新する]のチェックをオンにして、[OK]をクリックします。

ODBCドライバーが起動します。パスワードを入力して、[OK]ボタンをクリックします。
再度、データのインポート(更新)が実行されます。

終了したら、ブックの接続の[閉じる]ボタンをクリックして、ダイアログを閉じます。

自動更新の確認

実際に開くと更新されるか確認してみましょう。

名前をつけて保存したら、ブックを一度閉じます。保存したブックをダブルクリックで開いてみてください。警告が表示された場合は、[コンテンツの有効化]ボタンをクリックします。

ODBCドライバーが起動します。パスワードを入力して[OK]ボタンをクリックします。

ステータスバーに更新の状況が表示されます。無事更新が終わると、いつもの状態に戻るので、自由に使用することができます。

次はこのデータを使って、Excelで色々やってみたいと思います。