[抽出/REST] Redmine公式サイトの全チケットをコツコツと取得しました

これまで紹介してきたMicrosoft AccessでMySQL(Redmine)を集計する実例を示したいと思い、公開されている良いデータはないかと色々考えた結果、Redmine公式サイトのチケットを取得して使うことにしました。

スポンサーリンク

CSVエクスポート

公式サイトのRedmineプロジェクトには、完了チケットを含めると約15,200のチケットがあります。

CSVファイルで取得しようと思い試したところ、エクスポートの上限が1回50チケット。
15,200チケットをエクスポートするには300回ほどかかる計算です(汗)

WEBからXMLで取得

これはさすがに辛いので、WEBからXMLで取得することにしました。
先ずは、ダメモトで500件ずつ取得できないか、URLへ次のように入力しました。

http://www.redmine.org/issues.xml?offset=0&limit=500&status_id=*&sort=id

デフォルトでは未完了チケットだけが対象になりますが、「status_id=*」を指定して、完了したチケットも取得するようにしました。

また、デフォルトではチケット番号の降順になりますが、取得途中にチケットが追加されるとオフセットの位置がズレてしまいます。これを回避するため、「sort=id」でチケット番号の昇順に並べ替えて取得するようにしました。

「Limit=”500″」にしましたが、実際には「Limit=”100″」で結果が返ってきたので、上限が100チケットで設定されていることがわかりました。

100件単位で出力して150回ほど。。。VBAで取得することもできますが、今からコーディングする気力も無いので、今回はoffsetの値を変えながら、コツコツ手作業で取得することにしました。

一時間ほどで、チケット全件を150個ほどのXMLファイルで取得できました。
次は、Microsoft Excelに取り込みながら、公式サイトの設定を分析してみたいと思います。

最後までご覧いただきありがとうございます。
スポンサーリンク

フォローする