アウトラインエディタで計画立案 Outline Creator

geometry-1023846_1920

ある程度ボリュームのある文章を考える時に重宝するアウトラインエディタですが、ぼくは、仕事の計画を立てる時にも使用しています。

例えばシステム開発のプロジェクトだと、最初に最終目標「△△管理システム」を入力して、2階層に「サーバー」「ネットワーク」など、必要な構成要素を書き出します。終わったら、また2階層目について必要な構成要素を書き出します。例えば「サーバー」なら、Webサービスやアプリケーション、データベースなど、インストールや設定しなければならないソフトウェアなどを具体的に書き出します。この作業をひたすら繰り返し実施します。

書き出す時のルールは「何が必要となるか?」だけですが、○○作業や△△会議など「プロセス(手段)」を絞ってしまわないよう、「アウトプット(成果)」に着目して書き出すほうが良いようです。

その後、各項目について「いつまでに用意するか?」「誰が担当するか?」などを決めて、計画として完成させます。

iPhoneでこうした作業をするのに、このアプリがとても便利です。

Outline Creator
カテゴリ: 仕事効率化
現在の価格: 無料