Amazon S3にRedmineの添付ファイルを格納。Windowsサーバー(EC2)にS3をマウントする方法

drink-1436421_1280

AWS(Amazon Web Service)には「S3(Simple Storage Service)」というストレージサービスがあります。このストレージサービスにも、少な目ですが5GBの無料利用枠があるので、RedmineのWindowsサーバー(EC2)にマウントして、チケットの添付ファイルを格納できるようにしてみました。

S3では「バケット」を作成してファイルを格納します。ファイルの大きさは最大5TBまでで、格納するファイルの数に制限はありません。添付ファイルを格納するには打って付けですが、使用量が無料利用枠の5GBを超えると、いきなり課金が発生するのでご注意ください。次のサイトをご覧いただくとS3の概要が分かります。

Windowsサーバー(EC2)へのS3のマウントには、有料の「TntDrive」を使用しました。30日の無料お試し期間がありますが、引き続き利用するには購入が必要です。価格は個人利用で$39.95(USD)です。

スポンサーリンク

S3にバケットを作成

AWSの管理コンソールからS3を選択して、[バケットの作成]をクリックします。

バケット名を入力します。すでに使用されているバケット名は使用できません。

作成するバケットへのアクセスを記録したい場合は、[ログ記録のセットアップ]をクリックして、バケットのログ記録を有効にします。

[作成]をクリックすると、バケットが作成されます。

バケットの利用ユーザーを作成

作成したバケットを利用できるユーザーを作成します。AWSの管理コンソールから、IAMのダッシュボードを表示して、サイドバーから[ユーザー]をクリックします。

[新規ユーザーの作成]をクリックして、ユーザー名を入力します。アクセスキーが必要なので、[ユーザーごとにアクセスキーを生成]にチェックを入れたまま、[作成]をクリックします。

[ユーザーのセキュリティ認証情報を表示]をクリックすると、ユーザーの認証情報を確認できます。

[認証情報のダウンロード]をクリックして、CSVファイルを保存しておきましょう。後で、S3をマウントする時に参照します。

ユーザーにアクセス権限を付与

作成したユーザーをクリックします。

[アクセス許可]タブの[ポリシーのアタッチ]をクリックします。

ポリシーから「AmazonS3FullAccess」を選択して、[ポリシーのアタッチ]をクリックします。

これでバッケトを使用できるユーザーができました。

次はTntDriveをインストールして、実際にバケット(S3)をマウントします。